レーザー脱毛の処理の後はチクチクする?

VIOを自己処理するときって、たとえばカミソリで剃る場合だと、伸びてきたときがチクチクしますよね。
それが下着やお肌に当たって不快な気分になりませんか?
では、医療クリニックなどでレーザー脱毛をする場合も仕上がりがチクチクするのでしょうか。
基本的にはチクチクすることは少ないといえます。
その理由は、レーザー脱毛は毛根自体に働きかけるので、毛を断ち切るというよりも毛根からごっそりと抜けるからです。
ただ、レーザー脱毛の前に、下準備として自分である程度剃っていく必要があります。
そして、レーザー照射後、毛が抜け始めるまでに少し日数がかかります。
その為、照射後、自己処理した毛が伸びてその断面がチクチクする可能性はあります。
照射回数を繰り返していくことで毛の総数が減るため、チクチクを感じることも減ってきます。
毛が減るまでにだいたい3回から4回くらいの照射を繰り返す必要があるので、期間としては半年から1年間はチクチクが続くと考えておくと良いでしょう。
その期間が過ぎると、チクチクも減ってきて、快適に過ごすことができますよ。
レーザー脱毛は、毛穴の開きを抑えてお肌のきめも整うので、チクチクさえ乗り越えれば自己処理よりもはるかにメリットがあるといえますね。